07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-04-01 (Sun)
2012年3月30日 22時01分  [シネマトゥデイ映画ニュース] 


「オウム真理教事件」の麻原彰晃や「和歌山毒カレー事件」の林眞須美など、多くの死刑事件を請け負ってきた弁護士・安田好弘を追ったドキュメンタリー映画『死刑弁護人』。昨年10月に東海テレビで放送された内容を劇場版として再編集し、6月の公開が決まった。ナレーションは、俳優の山本太郎が担当している。


 “悪魔の弁護人”と形容されることのある弁護士・安田好弘。彼が注目されるのは、いずれも世間を震撼させた大事件と関係することにある。死刑が確定している麻原彰晃や、林眞須美の弁護を引き受け、「人殺しを弁護する人でなし」などのバッシングにも屈せず、「裁判は、犯罪を抑止するために、材料を洗い出す場でもあるはずだ」などの自身の信念に基づき、戦いを続けている。


 そんな安田の姿を収めることで、マスコミや検察、司法のあり方に目を向ける機会となるのが本作、『死刑弁護人』だ。戸塚ヨットスクールをドキュメントした『平成ジレンマ』を手掛けた齊藤潤一が再びメガホンを取り、東海テレビ製作最新作として世の中に問題を提起する。社会活動に力を入れている俳優・山本太郎が、説得力のあるナレーションをスクリーンに響かせる。(編集部・小松芙未)


映画『死刑弁護人』は6月下旬よりポレポレ東中野ほか全国順次公開


東海テレビ「死刑弁護人」オフィシャルサイト
http://tokai-tv.com/shikeibengonin/

すごいタイトルをつけたもんですねー
また タイムリーな人物に
ナレーションを依頼するところなど
なかなか興味深いものはありますが
かといって 映画館で見たいか?
といわれたら 見たくないな~
テレビで放送されれば見るかもしれないけど・・・
お金を払ってまでもは見たくなーーいのが
正直な気持ちです。
スポンサーサイト
| DVD・映画 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する