09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-06-20 (Mon)
「告白」
制作国:日本
制作年:2010年

公式サイト>>
http://kokuhaku-shimasu.jp/

衝撃のストーリー展開と過激な描写が話題の、
湊かなえのベストセラーを中島哲也監督、松たか子主演で映画化。
娘を亡くした中学教師の森口悠子は、自分が担任するクラスの生徒に
娘を殺した犯人がいると教壇で告白する……。

【ストーリー】
ある中学校、雑然とした教室。
終業式後のホームルーム。
1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語り出す。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は【告白】から始まる。



暗くて重いストーリーなので
観ることをずっと先延ばしにしていましたが
やっと観ることにしました。

撮影中にインフルエンザが流行して
はじめと終わりでは生徒役が
全くかわってしまっていると聞き
そんなところも観てみたいと思って
重い腰を上げましたが
これに関しては違和感を感じることなく
見ることができました。
編集のうまさでしょうか?(笑

重いストーリーの中に
子どもの無邪気な姿を所々にポップに(?)はめ込んだり
それが重さを少し軽くしてくれました。

これは弱っている時には観たくない映画です。
映画館でも観たくない映画です。(笑

続けて違う映画を観たくなりました。
スポンサーサイト
| DVD・映画 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。