07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-06-16 (Thu)
映画『メカニック』
2011年作品

公式サイト
>>mechanic-movie.jp/

南米コロンビアの麻薬王が自宅のプールで暗殺されるが、
事件は他殺ではなく事故死として受け入れられた。
暗殺者の名はアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。
闇の犯罪組織に雇われて次々と"仕事"をこなしつつも、
殺人の痕跡をいっさい残さない。
誰とも組まずに孤独を受け入れる。まさしく、プロ中のプロだ。

そんなアーサーにミッションが下された。
それはアーサーの親友であり、
この仕事を始めるきっかけを作ってくれた恩人の暗殺。
葛藤を抱えながらも、プロとしてこの仕事を引き受けた。

車椅子生活をおくる親友を抹殺するのは、
友人を騙すことに対する苦悩を除けば、たやすいことだった。
親友の葬儀に出席したアーサーは、そこで親友の息子で
乱暴者のスティーブ(ベン・フォスター)と再会する。
罪悪感からか"オヤジがあんたに教えたことを俺も教わりたい"
というスティーブに暗殺のテクニックすべてを叩きこもうとする。
最初の仕事こそ手際が悪かったが、
スティーブはメキメキと腕を上げていった。

新たなミッションでスティーブとともに、
標的が滞在するホテルに手際よく潜入するが、
スティーブのちょっとしたミスから、派手な銃撃戦に。
この頃から、何かが確実に狂い始めていた。

死んだはずの男の突然の出現、
父を殺したかもしれないアーサーに対するスティーブの疑念。
誰を信じ、誰を敵とみなすべきか? 
混沌とした状況下、アーサーの命を懸けた戦いが始まろうとしていた!



タイトルからは想像がつかなかったのですが
メカニックというのは殺し屋でしたー

1972年のチャールズ・ブロンソン主演の
アクション映画『メカニック』のリメイク作品!

私は映画「トランスポーター」の主演俳優の
ジェイソン・マイケル・ステイサムが好きなので
彼が主演ということで観たのですが
これがトランスポーターでは運び屋でしたが
そのイメージに近い殺し屋になっていましたー

映画は変わっても
あまりイメージは変わらなかったのは嬉しいかも(笑
でも 殺し屋だから殺しまくりだったけど・・・
スポンサーサイト
| DVD・映画 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する