09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-05-12 (Thu)
「ロビン・フッド 」
制作国:アメリカ
【キャスト】
ラッセル・クロウ (ロビン・ロングストライド)
ケイト・ブランシェット (マリアン)

12世紀末。
イングランド獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の中に、
数々の武勲を打ち立てた弓の名手、ロビン・ロングストライドがいた。
フランス軍との戦闘でリチャード1世が落命したと知ると
仲間とともに部隊を離れるが、
王の側近たちがフランス軍の闇討ちに合う現場に遭遇する。
そこで倒れていた瀕死の騎士ロバート・ロクスリーの遺言、
ノッティンガム領主の彼の父に剣を届ける約束を果たすため、
ロビンたちはノッティンガムへ向かう。
そこでは、彼の新たな人生が待ち受けていた・・・



私 ずっと間違って覚えていました。
ロビン・フッドではなくロビン・フットだと・・・
今更恥ずかしいー

郁恵ちゃんの歌をつぶやく時も
「いとしのロビン・フット様ー♪」って
違ったんですねー

映画では1991年の
ケビンコスナーのロビンフッドを思い出しますが
今回見たのは2010年のラッセル・クロウのものです。
こっちの方が私は好きです!!
決してラッセル・クロウファンでもないし
顔も好みじゃないんですが
素敵でした。

彼の台詞
「もっと優しく」にくらっとしちゃいます。(笑

スポンサーサイト
| DVD・映画 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。